flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

サンリオ男子 第3話「マイ♪シスター・ブルー」

脚本:鴻野貴光 絵コンテ:黒瀬大輔 演出:伊部勇志 作画監督:上杉尊史、齋藤香織、鈴木彩子、ふくだのりゆき、加藤拓馬、熊田明子、坂井寛樹、森田恵、大竹紀子、河村明夫、河島久美子

【概要】

サンリオグッズのショップから出てきた祐を軽蔑した妹の由梨。学校ではいつもどおり明るく振る舞う祐だったが、自宅では由梨とぎくしゃくしていた。そんな時、風邪をひいた祐を見舞いにきた康太と俊介に、帰宅してきた由梨が鉢合わせて……。

【感想】

前回ラストの由梨のセリフ、ふざけ合う康太と祐の会話もそうだが、ことさら「男子」であることを強調する言葉はふさわしくないように感じる。キャスト陣の芝居もとげとげしく、サンリオキャラクターを愛好する男子たちの一面としては納得できても、殺伐と重すぎて視聴後感がよろしくない。もっとも、由梨が祐に向けた拒絶の理由には思春期らしさが感じられたので、それをいら立ちで返した祐の態度には安堵させられるところはあった。