flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #13「East, west, home’s best.」

脚本:高羽彩 コンテ:遠藤広隆 演出:板庇迪、西島圭祐 演出補佐:河井ゆう美、金森陽子 作画監督湯本佳典、西畑あゆみ、長谷川早紀

【概要】

自分の杖を得て戻ってきたチセは、エリアスとともに夏の使者である綿蟲の毛刈に励む。杖作りをきっかけにエリアスに伝えたいことができたチセだったが、なかなかタイミングがつかめないでいた。そんな中、「灰の目」と呼ばれる異形の者が訪問してくる。

【感想】

魔法使いの弟子として世界が広がってきたチセの視界を借りて、エインズワース家がこれまで以上にカラフルに見える。エリアスに対するチセの感情も、引き取られた頃の依存一辺倒から少しずつ変わってきたようだ。忌まわしい記憶を消そうとしたエリアスを抱き着いて止めたチセのくだりが白眉。お互いに不器用な「人間の先生」と「魔法使いの先生」の交換が温かくもどこか切なく。