flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP03「You’ll be mine」

脚本:髙橋龍也 絵コンテ:玉木慎吾 演出:三塩天平 作画監督石川雅一小川茜、徳永さやか、福田佳太、槙田路子、大村将司、加藤弘将、Yu min zi、Park yu mi

【概要】

街頭ファッションショー以来、アナログハックと自覚しつつもますますレイシアを意識してしまうアラト。そんな中、ユカの目の前で車にひかれたレイシアが連れ去られてしまった。hIEを物扱いする警察を見限ったアラトは、リョウとケンゴの協力を得てレイシアを追う。

【感想】

警察によるhIEの物扱いに憤りながらも、レイシアから裁判所への契約を突き付けられてしまうアラト。いかに「家族」として情をかけようとも、当のレイシアはhIEとしてのわきまえを崩そうとしない。オーナーとしての「責任」と家族としての幸せを一直線上に並べてくれない、そんなままならなさに人間とhIEの関係性の変化、すなわちアラトがとるべきスタンスが示されているようだ。アラトの友人たちにもレイシアの「妹」たちが関与してきて、互いの影響含みで楽しみになってきた。