flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アイドリッシュセブン #05「秘密」

脚本:冨田頼子 絵コンテ:喜多幡徹 演出:井之川慎太郎 作画監督:津熊建徳、斎藤雅和、服部憲知

【概要】

TRIGGERのライブから刺激を受けて会場近くでパフォーマンスを披露したIDOLiSH7。ところが、TRIGGER側の怒りを買ってしまい紡と大和で謝罪に行くことに。レッスンを再開したIDOLiSH7だったが、一織は陸の異変に気づく。一織を口止めした陸は、新曲発表の日、無理を押して野外ライブを決行するのだった。

【感想】

生命線であるセンターが爆弾を抱えたままでの船出、そこに辛酸をなめた野外ライブ場のチケット完売という高揚感と表裏一体の不穏が貼りつく。良かったのは早々にメンバーとマネージャーに陸の「爆弾」が共有されたところで、それぞれの思惑を秘めたメンバーたちのドラマへの相乗効果が期待できそう。オーディションで7人の才能を見いだした紡の信頼が陸への全面サポートの言葉に凝縮されていたくだりに頼もしさを感じる。