flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

学園ベビーシッターズ 第4話「その4」

脚本:柿原優子 絵コンテ:森下柊聖 演出:石踊宏 作画監督:相坂ナオキ

【概要】

高校生になった竜一は、部活の新入生勧誘ににぎわう校内を保育ルームの子供たちを連れて見学する。竜一もベビーシッター部の部員を増やそうと勧誘チラシを貼る。風邪をひいてしまった竜一のために、虎太郎は理事長に言われるまま特製ドリンク作りに頑張るのだった。

【感想】

校内見学、母親たちそして猪又と、保育ルームとは一味違った表情が楽しめた。子供たちのビジョンを借りての視聴感覚だけど、そこを竜一がブリッジしてくれるので、自然に受け入れることができる。他の部活動に触れての竜一の愁いは、ベビーシッター部に入ったいきさつを考えれば当然に思える。だからこそ、自身ができることへの回帰に打たれるものがあった。隼の掛け持ち入部はそのごほうびといったおもむき。風邪をひいた兄のために頑張る虎太郎をサポートする理事長は、竜一に足りないものを補う親代わりのようだった。両親にまつわる悪夢ともリンクしていて、風邪の回復とともに吹っ切れていく竜一の変化が伝わってくる。両エピソードをつなげるような竜一の赤面がポイント。