flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

刻刻 㐧肆刻

脚本:猪爪慎一 絵コンテ・演出:湯川敦之 作画監督:Cindy H. Yamauchi

【概要】

無事に合流した樹里とじいさんだが、真純実愛会の手下たちが次々と襲ってくる。瞬間移動でしのいでいたじいさんの体力が限界となり、怒った樹里の能力がさく裂する。

【感想】

汚すぎる真純実愛会のやり口を見せられてきただけに、積もりに積もった佑河家の怒りを爆発させる樹里の大立ち回りに胸がすく思い。じいさんの瞬間移動とのコンビネーションも、ふだん見せる二人の思考がずれているからこその妙味があった。そして、タマワニとカヌリニそして間島の関係性が明らかになったことで、その一直線上にある樹里の真相がちらついてくる。佐河たちの言い分からするとお役目から逃げてきた佑河家のあり方ともども目が離せない。