flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アイドリッシュセブン #06「雨の中の凱旋」

脚本:中西やすひろ 絵コンテ・演出:川奈可奈 作画監督:森美幸、岡崎洋美 ライブパート絵コンテ・演出:別所誠人 ライブパート作画監督友岡新平

【概要】

初ライブとおなじ野外ライブ会場でのチケットは瞬時にソールドアウト。陸の持病を共有したIDOLiSH7は、3000人の観客を前にしたステージに臨む。悪天に機材トラブルを乗り越えライブを成功させたIDOLiSH7に、全国放送のテレビ出演のオファーがくるが、それは環と壮五の二人だけで……。

【感想】

センターが抱える「爆弾」を共有したおかげで、前回とは対照的な満席のオーディエンスが、高揚感とともに重圧感をもたらしてくる。それが風雨そして機材トラブルと移ろっていくにつれ、陸の持病を含めたトラブルをメンバーそして裏方スタッフまでバックアップする頼もしさがつまびらかになる。機材トラブルを得意のダンスでつないだ環そして壮五のバトンタッチもさることながら、それをバックステージから演出して人心地ついた紡の表情作画がすばらしかった。とりあえずの火種が陸から環に移り、上昇気流のメンバーそしてマネージャーの真価が試されそうで、ワクワクさせられる。