flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アイドリッシュセブン #07「ひとすじの光」

脚本:冨田頼子 絵コンテ:林宏樹 演出:冴島啓 作画監督:池田広明、熊田亜輝、加藤里香、久松沙紀

【概要】

テレビ出演のオファーをめぐって意見が割れた環と壮五の前に、八乙女事務所の社長、八乙女宗助が現れる。テレビに出たがる環の身辺を調べていた八乙女は、環をスカウトしようとするが、条件は壮五と二人でというものだった。環はいっしょに八乙女に移籍しようと壮五に頼み込むのだが……。

【感想】

陸の持病のときと同じで、環の事情も早々にメンバーで共有してしまうところ、隠し事で引っ張るパターンが好きでないこともあって歓迎したい。八乙女が出張ってきて社長の小鳥遊がイニシアチブを発揮したくだりについては、メンバーとマネージャーによるハンドメイド感からの飛躍を感じるが、優れた楽曲の提供ルートなど背景が匂わされたこともあるので、しばらくは静観したい。環と壮五のデュオに待ったをかけた大和の心意気を信じつつ。