flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第5話「キミの棘、ボクのしるし」

脚本:林直孝 絵コンテ・演出:高雄統子 作画監督愛敬由紀子

【概要】

26都市「クリサンセマム」とキッシング予定の13都市「セラスス」。マグマ燃料の受け渡しに誘引されるであろう叫竜への対策として、26都市のパラサイトたちと共同で防衛に当たることになったイチゴたち。ヒロのパートナーとしてストレリチアで功績をあげ、13都市に残ることになったゼロツー。その頃、異常がないように見えたヒロは体調不良にあえいでいた。

【感想】

オトナたちとの断絶が匂わされる鳥かごのコドモたち。そんな境遇をどこかで受け入れたようなヒロの決意。異物よろしく放り込まれたゼロツーは、そんなシビアな現実を突き付けているように思える。コドモたちの代わりとばかりに外の世界を指向するゼロツーが所望した雨を、苦痛に耐えるヒロの汗そしてゴローとイチゴの言葉にならない悲しみを介しつつ涙雨とするクライマックスに胸が締め付けられた。「人間って何さ?」というゼロツーの問いかけがズシリとのしかかる。