flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

学園ベビーシッターズ 第6話「その6」

脚本:柿原優子 絵コンテ・演出:石踊宏 作画監督:加藤壮

【概要】

家の庭で遊んでいた虎太郎は、生垣から上半身を出して動けなくなった男の子を見つける。根津そっくりな彼は弟の吉だった。洗濯物を干していた竜一は助けようとするが、吉は訳ありのようすで……。竜一が保育ルームに置き忘れた弁当を教室まで届けたいという虎太郎。ひとりで行く虎太郎が心配な兎田は居合わせた犬井を写真で釣って見守らせるが……。

【感想】

大家族という根津家に保育ルームが、弟たちのために頑張る根津に竜一が、相次いで重なってきた。根津弟たちにきつい助言をした猪又への思わぬ感謝の言葉が、保育ルームをブリッジしているからこそ温かく伝わる。成績優秀な根津への対抗意識と敬意が作用しているところもポイント。パンをくわえたまましゃべったことを突っ込まれた狼谷が、竜一による虎太郎への「うそ」をバラそうとしたクラスメイトの口をパンで封じたくだりなど、テンポのよいコンテがとても楽しい。犬井もそうだけど、鹿島兄弟を盛り立てるかのようなレギュラー陣が視聴者目線を誘導してくれる。