flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #18「Forgive and forget.」

脚本:高羽彩 コンテ:佐野隆史 演出:新井省吾 作画監督:立川聖治、横田匡史、手塚響平、南東寿幸、西畑あゆみ、井川麗奈、伊藤香奈

【概要】

エインズワース家に遊びにきたステラに驚きつつも歓迎するチセ。楽しそうな二人をみたエリアスはどこか複雑そう。そして、獣のような姿に変身したエリアスは家を飛び出してしまうのだった。すぐさまその後を追うチセだったが……。

【感想】

ステラに向けられた嫉妬がエリアスのそれとなってチセにかえってくる。年下のステラから学んだチセの謙虚さが嫉妬の流れを止めることでエリアスをクールダウンさせる。チセの故国では社交辞令になりがちな訪問をあっさりと実行したステラが、チセそしてエリアスの扉を開いていくかのよう。年下のステラからチセ、エリアスと逆流していく素直な願いを、アンジェリカとデイビッドの関係が補強する。