flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

citrus 第七話「love or lie!」

脚本:ハヤシナオキ 絵コンテ:迫井政行 演出:相浦和也、龍輪直征 作画監督:熊谷香代子、田守優希、鷲田敏弥、大橋勇吾、門智昭、成松義人

【概要】

試験で100位以内に入るために芽衣から勉強を教えてもらう柚子。ところが、芽衣からのアプローチが頭から離れない柚子は集中できないまま。そんな時、はるみとゲームセンターで遊んでいた柚子は、幼なじみの水沢まつりと再会する。柚子からいかがわしいバイトについてとがめられたまつりは……。

【感想】

まつりを説教する柚子を見ていて、芽衣との出会いでそうなったわけではなく、彼女がずっと以前から持ち合わせていた生真面目さに思えた。それは、困った人を放っておけない真っすぐさが強調されたこれまでのエピソードからうかがえる。したがって、嵐のように現れたまつりの分は悪いと予想するが、厳しさの中にもろさを併せ持つ芽衣の真価を問う試金石とも解釈できそう。早々にまつりの本質を見破ったはるみの頼もしさが危うげなドラマを引き締めてくれる。