flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP06「Higgins village」

脚本:雑破業 絵コンテ・演出:久慈悟郎 石川雅一小川茜、徳永さやか、福田佳太、槙田路子、野村治嘉、加藤弘将、本田辰雄

【概要】

アラトに思いを寄せるリョウの妹、海内紫織は、持ち込まれる縁談話にゆううつだった。そんなとき、出席したパーティー会場に現れたレイシア級hIE、メトーデからパートナーになるよう持ちかけられる。すでにミームフレーム社の渡来銀河と契約しているメトーデだったが、驚くべきことに複数のオーナーと契約を結ぶことができるのだという。

【感想】

渡来のストッパーとしての契約を紫織にもちかけたメトーデは、すでに自身の意思で動いているように見える。オーナーの責任を責任で相殺した果てが道具からの解放であれば、なるほどアラトがhIEに向けるまなざしが意味を帯びてきそう。アラトとレイシアの対になりそうな紫織とメトーデのこれからに注目したい。