flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #20「You can’t make an omelet without breaking a few eggs.」

脚本:高羽彩 コンテ:なかむらたかし 演出:板庇迪 作画監督湯本佳典、井川麗奈、佐藤誠之、伊藤香奈、横田匡史、高部光章、長谷川早紀、南東寿幸

【概要】

オークション会場で巨大化したドラゴンが暴れだす。エリアスの力を借りてドラゴンを助けたチセだったが、自らがドラゴンの呪いを受けてしまう。異形に変化した左腕を隠しつつ努めて平静に振る舞うチセ。そんな時、訪問してきたマリエルから魔女の集会に誘われたチセは……。

【感想】

ロンドンの夜景をバックに繰り広げられるアクションは、視覚的なきらびやかさが新鮮だったこともさることながら、チセの無茶な行動を演出するには格好の効果に思えた。死にたがっていた自身から居場所を見つけ他者のために尽くす喜びに存在意義を見いだすチセ。言葉少なな彼女のセリフどおり、人間なんてものは分からないと。死にゆく呪いを受けたチセが他者を助け、死ねない呪いを受けたカルタフィルスが他者を傷つけていく。まさに対極といえる両者の落としどころに注目。