flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔法使いの嫁 #21「Necessity has no law.」

脚本:高羽彩 コンテ:出合小都美 演出:河原龍太 作画監督手塚響平、立川聖治、長谷川早紀、湯本佳典、井川麗奈、高部光章、南東寿幸、伊藤香奈

【概要】

ドラゴンの呪いを解くために魔女の集会を訪ねたチセとエリアス。しかし、その方法はないと司祭のピュリスに告げられるのだった。マリエルからヒントをもらったエリアスは、チセを助けるために内緒で動き出す。その気配を察知したチセは……。

【感想】

チセから人間のことを学ぶはずだったエリアスによる選択。魔法使いとして能力を開花させつつあるチセに対するアンサーとしては納得いかないものの、ステラに対する嫉妬の念もまた人間らしいといえるもの。チセが言っていたように自分でも思いもよらない行動をとってしまうのが人間だとすれば、エリアスとの違いはさほどないように感じる。もっとも、チセの選択を尊重できないことがエリアスの落ち度だとすれば、いったんの決別に納得するしかない。チセを生かすため犯そうとした行為がカルタフィルスにつながっているとすれば、冷却期間後のエリアスの変化が焦点となる。