flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロードII Chapter 9「舞い上がる火の粉 Soaring sparks of fire」

脚本:武井風太菅原雪絵 絵コンテ:寺澤和晃 演出:安部元宏 作画監督:王國年

【概要】

八本指の幹部が経営する娼館へ二手から突入したセバスそしてブレインとクライム。ブレインの背中を守るクライムに「六腕」の一人であるサキュロントが立ちはだかる。難敵に対して勇敢に立ち向かうクライムだったが、サキュロントの幻術に苦戦を強いられる。

【感想】

ブレインとクライム、二人の剣士が互いに向けるリスペクト。人間たちでは圧倒的な剣術を誇るブレインをして、井の中の蛙と思わしめたセバスそしてシャルティア。ソリュシャンが密告した離反疑惑のゆくえも気になるが、セバスが感じ入ったはずのちっぽけな人間であるクライム。その先にあるはずのアインズのまなざしが筋を通している。アインズの出番がなかったとはいえ、ラナーの二面性など吸引力には事欠かない。