flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロードII Chapter 10「王都動乱序章 Disturbance begins in the royal capital」

脚本:横山いつき 絵コンテ・演出:白石達也 作画監督:Lee Bang-Won、Jang Gil-yong、Ryu Seung-cheol、Hwang Il-jin

【概要】

ソリュシャンの報告を受けたアインズがデミウルゴスとコキュートスを従えてセバスの屋敷に現れる。騒ぎを起こしてしまった責は不問とされたものの、ツアレを殺すよう命じられたセバスは従うしかなかった。その忠誠心に免じてアインズはツアレの扱いを改めるのだった。

【感想】

身分が高いはずのラナーに対するレエブンの言葉づかいの破綻ぶり、王女の二面性を映しているかのようだったけど、ユグドラシルの不安定さそのものを表しているとはうがちすぎだろうか。それがアルベドによるアインズ評の不穏さにつながっていく。セバスに感化されたようにアインズが人間たちに温情を見せれば見せるほど、配下たちとのずれがちらついてくる。ナザリックに移ってからのツアレが気になるし、生き別れた妹の存在が引っかかってくる。もしかしてラナーだとしたら面白そう。今シリーズでどこまで見届けられるか。