flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロードII Chapter 11「ヤルダバオト Jaldabaoth」

脚本:関根聡子 絵コンテ:伊藤尚往 演出:寺澤和晃 作画監督:村谷貴志、今村大樹、櫻井司、北村友幸、森下勇輝、唐澤雄一、ふくだのりゆき、DR MOVIE、Eom Ik-hyeon

【概要】

アインズの命によりさらわれたツアレを救うべく「八本指」を倒すために集まったナザリックの精鋭たち。一方で、ラナーも八本指の拠点を制圧すべく配下を動かしていた。ブレインとともに拠点の一つを抑えようとしたクライムは、ツアレが監禁されていると聞いてやってきたセバスと共闘することに。そこには「六腕」の強者たちが集まっているという。

【感想】

再びのクライムならびにブレインとセバスの共闘が前座に思えてくるほど、ガガーラン、ティア、イビルアイとエントマのバトルに盛り上がった。第1期シリーズから待ち焦がれていた戦闘がようやく拝めた気分。ユグドラシルの人間たちとナザリックの異形たちの交流や敵対が明確に配置されたおかげで、この世界の成り立ちを理解しているはずのアインズの介入に盛り上がることができる。ナザリックの一員でありながら人間たちに思いれるセバスがブリッジになっていて、アインズからの回答が楽しみ。