flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロードII Chapter 12「動乱最終決戦 The final Battle of the disturbance」

脚本:菅原雪絵 絵コンテ:清水健一 演出:河原龍太 作画監督:若山和人、高山朋浩、河辺信宏、中野彰子、唐澤雄一、前田義宏、DR MOVIE、Kwon Hyeok-jeong、Kim Eun-seon、Hwang Il-jin

【概要】

エントマを退けたイビルアイですら圧倒する悪魔ヤルダバオト。そこに割って入ったのは冒険者モモンだった。イビルアイに味方したモモンはヤルダバオトと互角の戦いを繰り広げる。そのころ、ツアレを救出するため「八本指」の拠点に乗り込んだクライムたちだったが、そこに「六腕」の残党が立ちはだかる。

【感想】

モモンことアインズが立ちはだかると茶番感が強まるが、それは設定に由来するものだから許容できる。ヤルダバオトことデミウルゴスのたくらみにプレアデスたちそしてアルベドの不穏な表情やセリフが重なってくるが、落としどころはどうであれ刺激的な展開を望みたい。ラナーが見せる狂気がクライムへの独占欲にとどまらず、セバスが固執するツアレひいてはユグドラシル世界の根幹にかかわるものであれば、と妄想がふくらむ。