flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)かくりよの宿飯 第一話「あやかしお宿に嫁入りします。」

原作小説未読。

スタッフ

原作:友麻碧(株式会社KADOKAWA富士見L文庫『かくりよの宿飯』シリーズ) 監督:奥田佳子 シリーズ構成:金春智子 キャラクター原案:Laruha キャラクターデザイン:佐藤陽子 総作画監督:鈴木光 あやかしデザイン:草彅琢仁、乙幡忠志 プロップデザイン:久原陽子、清水奏太郎 美術設定:中島美佳 美術監督:中村典史 色彩設定歌川律子 3Dディレクター:永井努 撮影監督:北村直樹 2Dデザイン・モーション:鳴河美佳 編集:齋藤朱里 音楽:伊賀拓郎 音響監督:郷文裕貴 アニメーションプロデューサー:飯室笑子 アニメーション制作:GONZO

キャスト

津場木葵:東山奈央 大旦那:小西克幸 銀次:土岐隼一 暁:内田雄馬 お涼:加隈亜衣 白夜:田丸篤志 春日:中恵光城 サスケ:井上雄貴 静奈:上田麗奈 乱丸:石川界人 葉鳥:寺島拓篤 時彦:平川大輔 チビ:石見舞菜香 津場木史郎:井上和彦

 

脚本:金春智子 絵コンテ:奥田佳子 演出:相浦和也 作画監督:鈴木光

【概要】

幼少時からあやかしを見ることができた津場木葵は、大学へ向かう途中で一人のあやかしと出会う。腹が減ったというそのあやかし「大旦那」に自分の弁当を食べさせた葵は、返礼としてあやかしの世界であるかくりよに連れ去られてしまう。大旦那から嫁になれと言われた葵は……。

【感想】

あやかしの類が見えるとことでうとまれてきた主人公という、今や定番化した感のある設定。もっとも、葵の性格がそうさせるのか、演出の湿度がそうさせるのか、深刻さはあまりない。かくりよへの順応ぶりは幼いころからあやかしと交流してきた経験、祖父仕込みの料理の腕前はあやかしから身を守るためのもの、以上を前提とすれば、葵まわりの起伏の乏しさは仕方なさそう。現世における食文化があやかしたちにどんな影響を及ぼすか、そこを掘り下げてくれれば印象が上向いてきそうだが。