flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)ヒナまつり 第一話「超能力少女現る!」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:大武政夫KADOKAWA刊) 監督:及川啓 シリーズ構成・脚本:大知慶一郎 助監督:松原桂 キャラクターデザイン:神本兼利 小物設定:竹内哲也、重本和佳子 メインアニメーター:竹内哲也、荒木涼、桝田邦彰、徳田賢朗 美術監督吉原俊一郎、桐本裕美子 美術設定;青木薫 色彩設計:岩井田洋 撮影監督:中村雄太 3D監督:佐藤美歩 編集:平木大輔 音響監督:本山哲 音楽:三澤康広 音楽プロデューサー:植村俊一 音楽制作:日本コロムビア アニメーションプロデューサー:上坂陽一郎 アニメーション制作:feel.

キャスト

ヒナ:田中貴子 新田義史:中島ヨシキ アンズ:村川梨衣 三嶋瞳:本渡楓 詩子:日笠陽子 マオ:小澤亜李 若頭:小山剛志 サブ:河西健吾

 

脚本:大知慶一郎 絵コンテ:及川啓 演出:平井義道 作画監督:神本兼利

【概要】

芦川組の組員である新田義史のマンションにカプセルに包まれた少女が出現した。新田は、ヒナというその少女が駆使する念動力に手を焼き、しかたなく面倒を見ることになる。ヒナのわがままに振り回されつつもその能力を利用することを思いついた新田は、組の若頭の怒りを買ってしまい……。

【感想】

いわゆる落ちモノの典型的なパターンながら、相方が大人の新田であることで、ひと味もふた味も異なる印象になっていた。異世界で道具として利用されてきたヒナの苦悩を見抜いての新田の優しさ、自らの意思でそれに応えようとしたヒナの健気さ。周囲の人間をお世話係にしてしまうヒナのありように、異世界における過酷さがイメージされてくる。ヒナのわがままが不快に感じられないのは、互いの信頼を勝ち取っての新田とのパートナーシップゆえ。