flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP11「Dystopia game」

脚本:村井さだゆき 絵コンテ・演出:井畑翔太 作画監督石川雅一小川茜、福田佳太、野村治嘉、槙田路子、徳永さやか、本田辰雄、井畑翔太

【概要】

つくばの実験都市で起こったhIEの集団暴走。逃げるアラトと遼だったが、そのすきにユカがさらわれてしまう。ユカを助けるためにhIEの暴走を止める必要があると考えたアラトは、実験都市のサーバールームへ向かう。そこではスノウドロップそして渡来銀河が待ち構えていた。

【感想】

アラトの告白に応じて自らの拘束を破壊したレイシアの行為。アナログハックは人間であろうとhIEであろうと人のかたちをとったすべての存在にとって相互の作用である、と解釈しておく。新たにメトーデのオーナになった遼を見ていると、妹である紫織の無念を晴らすようにも見えてくる。アラト(とレイシア)への複雑な感情において共通点がうかがえるからで、hIEに対する遼の冷ややかなスタンスが問われるところ。