flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京喰種トーキョーグール:re 第2話 「欠片 member」

脚本:御笠ノ忠次 絵コンテ・演出:渡部穏寛 作画監督:Shin Min Seop、Jung Cheol Gyo

【概要】

トルソーを追い詰めたところで現れたオロチに窮地におちいったクインクス班。そこに遅れてやってきた琲世は、オロチとの死闘のうちに暴走してしまう。眠らされた琲世はことなきを得るが、独断先行した瓜江を班長から解任する。琲世に含むところがある瓜江は、ある決意を秘めていた。そんな中、クインクス班はトルソーの担当から外れることになる。

【感想】

洗練された話運びというわけではないが、どこか引き付けられる魅力があるところは前シリーズと同じ。アオギリとの対決はとりあえず置いておいて、新たなターゲットをめぐってクインクス班の団結と成長を描いていくようす。コーヒーのかぐわしさがとりもった董香との再会は美しかったが、琲世がかわいがるメンバーたち個々の物語こそじっくり見せてほしいところ。