flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP12「Slumber of human」

脚本:雑破業 コンテ:吉田徹 演出:胡蝶蘭あげは 作画監督石川雅一小川茜、福田佳太、野村治嘉、槙田路子、徳永さやか、本田辰雄

【概要】

つくば実験都市のサーバールームで起こった暴動騒ぎ。渡来銀河は死亡し、海内遼はメトーデのオーナーとなった。アラトは事情聴取ののちに自宅に帰される。その頃、渡来からのメッセージを受け取ったエリカ・バロウズは、レイシア級とそのオーナーたちを招待するのだった。

【感想】

メトーデという劇薬を介しての海内兄妹が気になる。毒を食らわば皿までといった感じの遼の覚悟が紫織の無念を晴らす形になるのかどうか。機械に使われる人間という構図へのカウンターとしてのアラトとレイシアの関係性、オーナーのチョロさがやゆされればされるほど期待してしまう。あとは、プロトタイプ的な紅霞のポジションなど、興味をひかれる要素には事欠かない。ヒギンズそして渡来の意思を引き継ぐ存在が冷凍睡眠者であるエリカという逆流が皮肉めいていて面白いところ。