flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

多田くんは恋をしない #3「それ、好きだなあ」

脚本:中村能子 絵コンテ:鈴木清崇 演出:藤原佳幸 作画監督吉川真帆、矢野桃子、菊池愛、小倉寛之

【概要】

多田の自室からテレサたちの家に飛び移ろうとしたニャンコビッグが落ちてしまう。心配したテレサがアレクと多田珈琲店に来てみると、多田が一人で切り盛りしていた。祖父の正造が所用で出かけているとのことで、テレサとアレクが手伝うことになり……。

【感想】

マスコット的なニャンコビッグのモノローグで多田を始めとする登場人物を紹介していく。そのせいか俯瞰が効きすぎて散漫に感じられたきらいあり。(ニャンコビッグいわく)恋をしない多田、多田を意識するテレサ、とこれからの縦軸になるであろう描写はあったが、さりげなさすぎるのか印象が弱い。コメディのパターンが相変わらず合わないので、シリアスなトーンで統一してくれたほうが落ち着いて見られるかも。もっとも、好みでしかないのだけど……。