flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Caligula -カリギュラ- 第3話「何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。」

脚本:永井真吾 絵コンテ・演出:石川俊介 作画監督:坂本ひろみ、坂本俊太、式地幸喜、長坂寛治、長田好弘、中島裕理、たむらかずひこ

【概要】

別人になってしまった母親の手がかりを求める篠原美笛は、あらゆる情報が集まるというスイートPのお茶会に参加する。そのころ、μからの言葉に考察を巡らし続けていた律は、一人で答えにたどり着くことができず、笙悟が拠点としている音楽準備室へ向かうのだった。

【感想】

実践型の美笛と試作型の律を並列させることで、μとメビウスにまつわる世界を少しづつ明らかにしていく。もっとも、母親探しという強い動機でもってオスティナートの楽士に接触した美笛のインパクトが大きかったことは否めない。メビウスの本質に触れていくレギュラー陣の裏付けが律の役回りかもしれず、これ以上は次回を待つしかない。美笛とスイートPがそうだったように、気づいた人間の願望を実現させることで周囲を排除していくのがメビウスの作用であると想像するが、どうだろうか。