flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP13「The Prayer Within」

脚本:雑破業 絵コンテ・演出:久慈悟郎 作画監督:松本麻友子、石川雅一、福田佳太、野村治嘉、槙田路子、徳永さやか、本田辰雄

【概要】

レッドボックスたちを集めたエリカ・バロウズの目的は、レイシア級hIE同士を戦わせることだった。メトーデのオーナーとなった海内遼は紅霞の破壊をPMCに外注しようとする。「霞崎カレア」の名で中部国際空港爆破の実行犯として追われる紅霞は、またしても村主ケンゴの自室に現れる。

【感想】

後半になっても主人公のアラトが能動的にならないので、物語の芯がぼやけたまま。レイシアが問いただしたくなるのも分かる。オーナーを反社会的でアンダーグラウンドな抗体ネットワークとせざるを得なかったため、「人間との競争に勝つため」という本来の目的から離れていく紅霞。レイシアに入れ込むアラトにいら立つケンゴとの連帯が運命めいている。だからこそ、レイシアと紅霞すなわちアラトとケンゴの共闘に可能性があるのかもしれないが。