flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

銀河英雄伝説 Die Neue These第四話「不敗の魔術師」

脚本:吉永亜矢 絵コンテ・演出:松澤建一 作画監督:宮川千恵子、小谷杏子

【概要】

自由惑星同盟士官学校に入ったヤン・ウェンリーは、変わり者として知られていた。戦略戦術シミュレーションで主席の学生を負かしたヤンは、戦略研究科に進む。候補生から軍人となったヤンは、惑星エル・ファシルからの民間人脱出で功績をあげ、少佐にまで昇進した。そして、少将キャゼルヌのすすめにより、戦争孤児を養子に迎えることに。

【感想】

前回のラインハルトとキルヒアイスのエピソードとの温度差にめまいがしそう。アスターテ会戦で示唆されたライバル2人の個性が、その生い立ちをひもとくことでより鮮やかに伝わってきた。帝国の初代皇帝であるルドルフに対する印象だけが共通項といえ、そのニュアンスの差異が帝国と同盟を分かつものと想像してしまうが、挑戦的なラインハルトと冷静沈着なヤンを見ていると、一筋縄ではいきそうにない。