flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ニル・アドミラリの天秤 第肆章「小夜啼鳥の舞踏会 -ナハティガル-」

脚本:金春智子 絵コンテ:植田羊一 演出:殿水敦子 作画監督:細山正樹、高田三郎、服部憲知、劉雲留、輿石暁、越智博之

【概要】

首相の御曹司である鵜飼昌吾がフクロウの寮にやってきた。ヒタキと同じように稀モノで自殺未遂を起こした心の傷を癒すためという。高飛車な昌吾はツグミを目の敵にする。そんな中、意図的に稀モノを作っている組織「カラス」が関与するオークションへの招待状が昌吾に届く。ツグミは昌吾に同伴する形で潜入捜査を命じられる。

【感想】

主人公ツグミの生真面目さのおかげで、定番パターンともいえる社交パーティーの潜入捜査が新鮮に見えてくる。境遇を同じくする昌吾をツグミ視点でヒタキに重ねるような演出があまり感じられなかったが、あえてそうしないことで品を保っているとも言えそう。きっかけがヒタキでもフクロウでの現在は自ら選んだ道であり、稀モノにまつわる真相の究明こそがツグミを支えていると思うから。