flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #5「ラストバトルは私に」

脚本:黒田洋介 絵コンテ:島津裕行 演出:長濱亘彦 作画監督:宮原拓也、青木真理子、向川原憲、吉井勝也、大梶博之

【概要】

レンとエムのチーム「LM」は「スクワッド・ジャム」を勝ち抜いて、敵チームは残すところ「SHINC」のみとなった。ところが、持っていた手紙を読んだエムがいきなり取り乱してしまう。レムを置き去りにしたレンは単身で立ち向かう。SHINCの6人による攻撃から逃げ回るしかないレンだったが……。

【感想】

エムの豹変には面食らったが、何事もなかったかのようなその後の加勢を見ていると、どこまで真に受けてよいのか戸惑う。とりあえずは、ひとりで頑張るレンの大立ち回りがキュートで眼福だったし、リアルにおけるエールの交換にVRゲームプレイヤーの嗜好が見えた感じ。エムとピトフーイのリアルにおける関係をあれこれ想像してしまった。あまり見たくはないな。