flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP14「An Answer to Survive」

脚本:雑破業 絵コンテ・演出:井畑翔太 作画監督石川雅一小川茜、福田佳太、野村治嘉、徳永さやか、本田辰雄、井畑翔太

【概要】

レイシアからマリアージュが開発したカメラを入手した紅霞は、単独で次世代型社会研究センターにおけるテロ行為を行い、その姿を不特定多数に発信する。ミコトを破壊して目的を達成した紅霞の前にコリデンヌ・ルメール率いるPMC部隊が立ちはだかる。

【感想】

抗体ネットワークのリーダーとして犯してきた行為の数々により手詰まりとなり、hIEとしての素性をさらして単独のテロ行為で散ってみせる。レベル0の人間たちに自身の記憶を植え付けた紅霞の行動もアナログハックの変種なのか。人間よりも上位の存在でありながら、その人間たちの手を借りなければ目的を達せられなかった、「人間との競争に勝つ」紅霞が成し遂げたことについて考える。紅霞が御しきれなかった人間社会に屈するかのように逮捕されたケンゴが示唆的だった。