flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

奴隷区 The Animation #06「自覚 -jikaku-」

脚本:倉谷涼一 絵コンテ:柳谷テツヤ 演出:安藤貴史 作画監督:服部憲知、櫻井拓郎、粟井重紀、森悦史、本田創一、冨田佳亨、服部益実、松本和志

【概要】

エイアの愛犬である墨田ズシオウマルは、SCMに関わることになったこれまでを振り返っていた。ユウガは電車内で「あたまのおかしいひと」こと台東フジコの謀略に落ちる。フジコの奴隷となったユウガはとあるSCM装着者からの勝負を受けるのだが……。

【感想】

リュウオウ、台東フジコ、荒川エイア、三すくみの目的がそれぞれ異なっていそうで興味深い。主従関係が変わることで登場人物の角度も容易に移ろっていく。だからといってその人の本質までも変わるわけではない。観測を決め込んでいたエイアの決意は主人公としてありきたりなもの。しかしながら、そこにスリルを求めてしまう本能が潜んでいるからこそひきつけられる。SCMの黎明期からコミットさせられた忠犬ズシオウマルの自分語りが効果的にこだまする。