flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

シュタインズ・ゲート ゼロ #06「軌道秩序のエクリプス」

脚本:安本了 絵コンテ・演出:武市直子 作画監督:平村直紀、相澤秀亮

【概要】

岡部に会わせたいとるかがラボに連れてきた人物、彼女は牧瀬紅莉栖にそっくりだった。さらには、彼女こそが鈴羽が生き別れた椎名かがりに違いないのだという。巫女のアルバイトと初詣に別れたラボの面々はパーティーのために集まる。真帆のスマホアマデウス紅莉栖から連絡が入り……。

【感想】

容姿こそ似ているがその性格はまったく異なる、椎名かがりが紅莉栖と別人であることが岡部の視点を借りつつ丁寧に描かれていく。レギュラー陣そろい踏みな年始のやり取りで和ませておいてからの、アマデウス紅莉栖のお披露目そして岡部の決心に胸がいっぱいになった。アマデウスのサーバーがダウンしてからの暗転がこれ以上なく際立つ。