flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

重神機パンドーラ Mission 07「幻影の熊猫」

脚本:望月真里子 絵コンテ:佐藤英一、野崎真代 演出:野崎真代 作画監督:坂本俊太、ふくだのりゆき、Kim myeongsim、Hwang yeongsik、安彦英二

【概要】

内緒でこっそりと出かけようとしたレオンについてきたクロエ。それはダークドライブにまつわる取引場所を押さえる極秘任務の捜査だった。似合わない品を吟味するレオンをいぶかしむクロエ。量子反応を検知したレオンはフィオナという少女にたどり着く。

【感想】

クロエのいじらしさとかクイニーのコスプレ姿とかで楽しませつつ、ダグとケインの過去など主要登場人物の掘り下げがそつなく。B.R.A.Iとのロボットバトルこそなかったが、これまでのエピソードでいちばん良かったかも。「黒い混沌」と「白い熊」が「熊猫」になるというフィオナのはぐらかしが、レオンが触れる多重次元のあり方そのものという感じがした。