flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Lostorage conflated WIXOSS 第8話「絆/罪と罰」

脚本:玉井☆豪 コンテ:中原れい 演出:清水一伸 作画監督鈴木彩乃、金正男、船越麻友美、永井里奈、雨宮英雄、鶴元慎子、藤井昌宏、佐藤嵩光、青木健一郎、芝田千紗

【概要】

リルとメルのセレクターとなったすず子は、千夏のために戦うことを改めて誓う。その頃、アミカを人質にとられた清衣は、晶から一方的なバトルを強いられるのだった。

【感想】

前シリーズにおける千夏とのエピソードを思い返すと、リルとメルをそろえたすず子に感慨深いものがある。晶に関しては、かつてのルリグだったピルルクすなわち清衣へのスタンスも含め、まったくの自業自得だったと言わざるを得ない。危機的状況を打破した清衣とアミカの友情は、すず子と千夏、るう子と遊月、一衣のそれにほかならず、シリーズの縦軸となるもの。ストレート極まりないが、カーニバルたちの狂気をくつがえすには、これ以上の素材はないように思える。あとは「白窓の部屋」の意思次第。