flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

重神機パンドーラ Mission 10「紅蓮の追想」

脚本:根元歳三 絵コンテ:清水聡 演出:北川正人 作画監督:坂井俊太、高秀国男、武内啓、服部憲知、吉川美貴、安彦英二

【概要】

ネオ翔龍を襲うB.R.A.Iたちを操っていた人物は、セシル・スーと因縁があるMr.ゴールドだった。グレン・ディンは自身のモーヴにハイパードライブを取り付けてほしいとレオンに直訴するが断られてしまう。高温を発する帯びたたしいハチ型B.R.A.Iに襲撃されたネオ翔龍は、ボイラー化の危機に陥る。

【感想】

過去エピソードでも特撮テイストあふれるB.R.A.Iの描写だったが、女王バチを頂点とした今回の敵は極めつけといえるもの。レオンがもたらしたハイパードライブが機能しないピンチにあって、その技術で家族を失ったグレンがハイパードライブなしで活路を開く展開が、劇中そのままに熱かった。ネオ翔龍あげての火鍋推しはコンセプトに合致していただけでなく、Mr.ゴールドへ向けたセシル・スーの嫌味が不屈を表現していて粋だった。