flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Lostorage conflated WIXOSS 第10話「前夜/信頼と裏切り」

脚本:土屋理敬 コンテ:広尾進 演出:清水アキラ 作画監督:山本径子、邱明哲、桝井一平、那須野文、安斎佳恵、徳川恵梨、アラタハヤト、森悦史、清水博幸、奥野浩行、鈴木彩乃、芝田千紗、青木健一郎

【概要】

カーニバルの謀略によってバトルすることになったるう子とすず子だったが、はんなの起点によって強制解除されことなきを得る。わざとバトルに負けたカーニバルに業を煮やしたレイラは、るう子にバトルを挑んできた。苦戦するるう子とユヅキのところにタマが戻ってくる。

【感想】

ペンディングとなる展開はうすうす予想できたものの、それぞれのコイン技を駆使してのるう子とすず子のバトルには盛り上がった。オーネストもベルセルクもえげつない技だけども、かけられる側がるう子であること、千夏を助けたいというすず子の思い、そんなシチュエーションが奥行きを与えてくれる。その反動として、休戦してからのルリグたちとセレクターたちの交流(とくにユヅキとはんな)には和まされた。記憶の断片に苦しむ千夏と彼女に寄り添うようなすず子とのやりとりも印象深い。