flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ヒナまつり 第十話「川の流れのように」

脚本:大知慶一郎 絵コンテ:及川啓 演出:山田晃 作画監督:原田峰文、大谷道子

【概要】

帰りが遅いことを母親から問い詰められた瞳は、新田が紹介してくれたマンションで一人暮らしをしながら働き始める。林夫妻から初めてのお小遣いをもらったアンズは、その使い道を瞳に相談するのだが……。

【感想】

ブラックな瞳とホワイトなアンズのコントラストはこれまでどおりながら、ヒナが不在なこともあってくっきりと強調された印象。アンズの良い子ぶりにまったくひねりがないので反応に困ってしまうところ、流れに流されて稼ぎまくる瞳からのアドバイスは、ギャンブルで無一文というシチュエーションを踏まえつつ皮肉が効いていた。