flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ひそねとまそたん 第10話「好きになったらトロけちゃう」

脚本:岡田麿里 絵コンテ:高橋敦史 演出:平野宏樹 作画監督:堀川耕一、小柏奈弓、中山知世、春日広子、清池奈保、秋山英一、岐神麻芽、斎藤香、稲熊一晃、伊藤嘉之

【概要】

危惧されていた「吻合」に陥ってしまったひそねと星野、それこそが飯干の狙い。恋心を吹っ切った星野に対して、ひそねは自分の気持ちを持て余していた。まそたんに相談しようと格納庫にやってきたひそねだったが、そこには小此木がいて……。

【感想】

あえて恋をさせてそこから突き落とすという飯干の考えは理解できないが、自身の恋心に気づいたひそねの仕草や表情がことごとくキュートだったのでよしとする。樋本貞が述べたOTFとの絶対的な関係、それに対して星野と対照的な答えを出したひそねの本心やいかに。絹番と日登美がパートナーであるOTFたちともどもいい味を出している。