flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ニル・アドミラリの天秤 第拾章「白亜の鳥籠 -トラウマ-」

脚本:横谷昌宏 絵コンテ:佐山聖子 演出:川西泰二 作画監督:大庭小枝、金正男、小野陽子

【概要】

ナハティガルに拉致されたツグミは、四木沼からおぞましい野望を聞かされる。滉によって逃がされたツグミは、ふたたび四木沼薔子と再会する。ツグミを助けるため駆けつけたフクロウの面々に稀モノのせん滅のため侵入したカグツチが加わって、ナハティガルは混乱状態になる。またもや四木沼につかまったツグミだったが……。

【感想】

迫ってくる四木沼とそれを拒絶するツグミの作画芝居が執拗に細かくて見ごたえがあった。足で脚を開いたり髪をいじったりと外道と思いつつもなまめかしい。相対的に、王子様然とした滉と隼人を始めとするフクロウの大立ち回りがあっさりと見えてしまうほど。そんな中、笹乞の稀モノに狂わされながらも「闇」以外のものを見いだしていた昌吾に救われた気分になった。書物をテーマにしたシリーズと考えれば、今回に関してはツグミ以上に主人公らしかった。