flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BEATLESS EP18「Protocol of Love」

脚本:雑破業 絵コンテ:吉田徹 演出:胡蝶蘭あげは、井畑翔太 作画監督井出直美石川雅一、徳永さやか、小川茜、福田佳太、槙田路子、野村治嘉、本田辰雄

【概要】

いったんは拒絶してしまったレイシアに会うことを決めたアラトは、心当たりに向かっている途中で遼に拘束されてしまう。レイシアは敵だという遼の説得を振り切ったアラトは、レイシアのもとへ戻っていく。そこに遼の命令でスノウドロップと交戦していたメトーデが立ちふさがる。

【感想】

アラトによる「デザイン」が固まれば、それが人類の命運そのものとなる。アラトの「チョロい」理想が利害関係でがんじがらめの人間社会を一度リセットしてhIEとの新たなパートナーシップが始まる。アラトをオーナーに指名して関係を気づいたレイシアの行動パターンはアナログハックに違いないのかもしれないが、それのどこが悪いんだという開き直りが伝わってくるよう。レイシアを始めとする人物作画が端正で、節目のエピソードにふさわしい仕上がりだった。