flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ニル・アドミラリの天秤 第拾壱章「母と父と子と -キズナ-」

脚本:金春智子 絵コンテ:吉田英俊、植田羊一 演出:岩永大慈 作画監督:横田和彦、藤田正幸、安田好孝

【概要】

滉の離反によって四木沼は逮捕された。立ちはだかった累を挑発するかのように衝撃の事実を告げた百舌山。動揺する累から逃げようとする百舌山の前に薔子が現れる。

【感想】

百舌山と累との関係はにわかにイメージしがたいが、だからこそ薔子にとって忌まわしい記憶であり、同じ華族の子女として稀モノに巻き込まれたツグミに感情移入したのかも。ヒタキの事故があったとはいえ家族に恵まれたツグミとは対照的な薔子の半生が生々しく切なく。薔子まわりが濃厚だったため隠が浮上した後半が相対的に薄く感じられてしまったほど。あとはクライマックスの展開を待ちたい。