flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

かくりよの宿飯 第十二話「天神屋の地下に秘密あります。」

脚本:冨田頼子 絵コンテ:名村英敏 演出:小野田雄亮 作画監督:桐谷真咲、挽本敦子、松下純子、桜井木の実、西山忍

【概要】

折尾屋の番頭である葉鳥が夕がおを訪れる。カレーとデザートでもてなした葵のところに、天神屋で客の子供たちが行方不明になったという知らせが入ってくる。天神屋の地下を捜索する葵は、一緒だった暁とはぐれてしまい、祖父ゆかりの写真を見つけるのだった。

【感想】

料理を介した夕がおでのひとときと、天神屋の地下における事件。天神屋の女将候補である葵のエピソードとして納得のバランス。祖父譲りとして語られる葵の人物像は、あやかしたちの中にあっても気後れしない順応性であることが良く分かる。騒ぎが収まって人心地つく葵にホッとさせられるのは、夕がおこそが原点でありよりどころだから。それはいち視聴者にとっても変わらない。