flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ひそねとまそたん 第11話「モンパルナスの空とクズ女」

脚本:岡田麿里 絵コンテ:小林寛 演出:野亦則行 作画監督:小柏奈弓、堀川耕一、中山知世、春日広子、清池奈保、岐神麻芽、稲熊一晃、石田廣二、吉田奏子、内田直人、石毛理恵

【概要】

辞職したひそねの代わりに貞がまそたんに搭乗し、「マツリゴト」の任務が始まる。超大型OTFの誘導に成功したに見えたDパイたちだったが、まそたんが吻合によってコントロールを失ってしまう。落ちていくまそたんの進路にはひそねの住所があった。

【感想】

悔しさを晴らそうと自身を押し殺してきた柿保だったからこそ、思ったことをずけずけと言ってしまうひそねに愛憎半ばあるいは憧れるところがあったのかも。土下座しての開き直りからの懇願がひそねらしくて、柿保の内面を浮かび上がらせてくれる。サブタイトルの「クズ女」が、ひそねのみならずさまざまなキャラクターを指している(ように思える)ところがポイント。キャスト陣の芝居ともども熱気が伝わってきた。