flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

奴隷区 The Animation #11「収穫 -syukaku-」

脚本:倉谷涼一 絵コンテ:西島克彦 演出:水本葉月 作画監督:櫻井拓郎、粟井重紀、服部憲知、青野厚司、宇都木勇、北沢典子、はっとりますみ、冨田佳亨、森山剛史、齊藤佳子、朝岡卓矢、宇田みさき、狩野都

【概要】

リュウオウの奴隷たちがツバキに奪われた。ツバキはサチを人質にしてエイアたちを挑発する。ムオンの協力のもとサチを奪還しようとしたエイアだったが、ツバキの罠にはめられてしまう。多数の奴隷を手に入れて勝ち誇るツバキだったが……。

【感想】

フジコに発揮された港タキオのリサーチ能力については、ツバキの目的や手口を知り尽くしていた周到さに現れていたと考えるべきか。いずれのせよ、目的のために動いていたリュウオウやツバキなどよりは、ルサンチマンをこじらせたタキオの外道ぶりのほうがエイアとのコントラストで盛り上がれそう。勢力図が刻々と書き換えられていく中、主人が変わってしまう奴隷たちの内面へのスポットがあればと思ってしまうが、そこはスピーディーな展開と引き換えということで。例えばエイアとユウガ、リュウオウとジュリア、ゼロ(キヨ)とマリアの関係が代弁してくれていると解釈したい。