flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Lostorage conflated WIXOSS 第12話「光」(終)

脚本:土屋理敬 コンテ:吉田りさこ、吉田徹 演出:吉田りさこ 作画監督鈴木彩乃、鶴元慎子、金正男、船越麻友美、植竹康彦、森悦史、栗原芙姫、中熊太一、三橋桜子、河原久美子藤井昌宏、青木健一郎、芝田千紗

【概要】

白窓の部屋で清衣は無限と対峙する。セレクターバトルを終わらせるべく無限とのバトルに挑む清衣。ユキとともに白窓の部屋から外界につながる「扉」を探すタマ。清衣に全てを託したすず子は千夏に寄り添い、るう子たちは繭の住居跡「始まりの部屋」で「扉」を探していた。

【感想】

清衣と無限との戦い、セレクターバトルのルールから逸脱したルリグたちによる自立的な行動に、宙ぶらりんになってしまった記憶たちの意思が見えてくるようだった。それは人間の姿をとったルリグたちというエピローグでも示唆されていたし、ルリグのことを思うセレクターたちの願いが込められていたともいえる。「ピーピング・アナライズ」によって無限を無力化した清衣による最後の攻撃、寡黙ながらも意志の強さを感じさせる彼女ならでは。すず子やるう子たちが託したものが伝わってくるよう。千夏と白井翔平との再会にもらい泣き。