flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ハイスクールD×D HERO life.10「リアス・グレモリーの眷属として」

脚本:清水康晴 絵コンテ:高橋成世 演出:久保太郎 作画監督古川英樹、橋本英樹、海堂ひろゆき、近藤源一郎、葉山翔太、加藤洋人、張丁、阿佐ヶ谷太郎、小林史織里、野道佳代、鶴田愛、志生野好、広田雄三、佐々木洋哉、松下清志、伊集院いづろ

【概要】

いよいよグレモリー眷属とバアル眷属によるレーティングゲームが始まった。

【感想】

濃淡こそあれ各キャラクターの持ち味が発揮されたバトルアクション、ダイジェスト感が小気味よさにつながっていて楽しめた。一誠とコリアナ・アンドレアルフスとの一騎打ちにおけるバカバカしさをシリアスな展開に収める手際も健在。一誠のおっぱいドラゴンに応えるサイラオーグの心意気が伝わる。