flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #11「イカれたレン」

脚本:黒田洋介 絵コンテ:島津裕行 演出:山下英美 作画監督:大高雄太、斎藤和也、向川原憲、宮原拓也、金丸綾子

【概要】

PM4が屋内に避難したタイミングで潜入したMMTMだったが、回復を果たしたピトフーイに全滅させられてしまう。迷えるレンを残してピトフーイに特攻を仕掛けるフカ次郎とSHINCの残党たち。倒れていく仲間たちを見届けるしかなかったレンのリミッターがついに外れる。

【感想】

ピトフーイの言動がいちいち不快極まるので、いたぶるだけいたぶってとどめを刺さなかったフカ次郎による助太刀に胸がすく思いがした。それにしても、前回のピトフーイのやり口といい今回のアンナのセリフといい、性別問わず同じ土俵に立ってのバトルロイヤルで女のずるさを表現したい意図があるのだろうか。スタッフ(原作どおりだとしたら原作者)に問うてみたい。