flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ニル・アドミラリの天秤 第拾弐章「帝都幻惑綺譚 -ニル・アドミラリ-」(終)

脚本:金春智子 絵コンテ:植田羊一 演出:たかたまさひろ 作画監督:北村友幸、安田好孝、桑原寿弥

【概要】

久々に久世家を訪れた隠は、ツグミとヒタキを書斎におびき出す。やはり隠は稀モノの執筆者だったのだ。家族を失ってしまった隠はツグミとヒタキを道連れにしようと……。

【感想】

著者の怨念めいた感情が稀モノを生み出すのだとすれば、稀モノに取りつかれたかのように久世姉弟を燃やそうとした隠は、すでにツグミに屈していたのかもしれない。フクロウの大切な人たちを奪うことになった隠は最後の敵にふさわしかったのかもしれないが、四木沼や百舌山に比べるといささかスケールダウンは否めず。隼人の思い人がツグミだったという円満破談のやりとりは爽やかで良かった。フクロウに居場所を見つけたツグミその人が隠のカウンターになっていたし、カラスから足を洗ったであろう滉へのフォローにもなっていて。