flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ハイスクールD×D HERO life.MAX VS power.MAX「赤龍帝(おとこ) 対 獅子王(おとこ)」

脚本:高橋洋一 絵コンテ:猫飼密 演出:山口美浩 作画監督:桜井正明、近藤源一郎、張丁、武本大介、清水勝祐、満若たかよ、加藤洋人、半澤淳、古川英樹、橋本英樹、平田雄三、海堂ひろゆき、野道佳代、鶴田愛、佐々木洋哉、阿佐ヶ谷太郎、松下清志、志生野好、大河広行、築山翔太

【概要】

サイラオーグに対するのは木場、ゼノヴィア、ロズヴァイセ。圧倒的な格闘術と防御術を誇るサイラオーグに奇策でもって対抗する3人だったが……。そして、最終決戦はサイラオーグの提案により団体戦となる。決着をつけるべく舞台に上がった一誠は、仲間たちの無念を拳にぶつけるのだった。

【感想】

奇策を正々堂々と受け止めたサイラオーグに一誠が見せた怒りについては、レーティングゲームが命のやりとりであることを理解していなかったので、いささか戸惑ってしまった。いずれにせよ、敗戦覚悟での木場たちによる心意気、それを受け止めた一誠の戦いが熱い流れだった。当主であるリアスの見せ場が少ないなど不満もなくはないが、サイラオーグの登場で本気モードになったバトルアクションに姿勢を正してしまう。